学習効率UP】ウェブデザイン技能検定3級試験(平成28年度第1回)の過去問題を徹底解説!!

過去問の解説(平成28年度第1回学科試験)

ウェブデザイン技能検定3級学科(平成28年第1回試験)

〇平成28年度-第1回学科試験の過去問題と解答pdfはこちら

第1問の解説

答え=2 HTML5ではタグの省略が可能です。

第2問の解説

答え=2 イーサネットとは、LANで繋がった複数のコンピュータが、主となる通信回線を効率よく利用してインターネットにアクセスしたり、ファイル共有をおこなう技術のことで、おもに会社や家庭内でのネットワークで広く利用されています。インターネットは世界中とつながっていますが、イーサネットは限られた範囲で閉鎖的につながっているネットワークです。

第3問の解説

答え=2 ファイルをサーバーにアップロードする際は、先に画像やCSSなど必要なパーツをアップしてから、最後にHTMLドキュメントをアップするほうが望ましいです。

第4問の解説

答え=2 労働安全衛生法では、職場の安全衛生に関する責任はたしかに事業者にありますが、労働者もそれに対する自覚と協力は義務付けられています。

第5問の解説

答え=1 W3CはWorld Wide Web Consortiumの略で、ワールド・ワイド・ウェブ・コンソーシアムと読みます。

第6問の解説

答え=1 クロスブラウザチェックとは、問題に書いてある通り複数のブラウザを使った表示チェックのことです。ブラウザの種類によって微妙に表示が崩れたりはよくあることなので、Webサイトやページを公開、更新した際は、必ずクロスブラウザチェックをおこないましょう。

第7問の解説

答え=1 PNGはJPEGなどと同様に、ラスターグラフィックスのファイルフォーマットです。グラフィックデータのフォーマットは、もうひとつ「ベクターグラフィックス」というものがあります。こちらは拡大しても粗くならないという特徴があって、Adobe Illustratorで作成したデータやSVGなどが有名です。

第8問の解説

答え=2 ウェブデザイナーの仕事にCSSの知識は不可欠です。簡単なスクリプトであれば、そのままデザイナーが作成することもよくあります。

第9問の解説

答え=2 罰せられます。他人への誹謗中傷はしないようにしましょう。

第10問の解説

答え=2 スマホもウイルスに感染しますのでご注意を。セキュリティソフトは有料だけでなく、無料で高機能のものも多々ありますので、必ずインストールしておきましょう。

第11問の解説

答え=2 マージン設定の数値が三つありますので、この場合それぞれが充てられる箇所は10px=上、20px=左右、30px=下となります。

第12問の解説

答え=4 blockquoteで囲まれた部分は引用や転載であることを示します。引用する文章が長い際は<blockquote>、改行を必要としないほどの短い文章の場合は<q>を使います。

第13問の解説

答え=2 NAT/NAPTとは、プライベートIPアドレスをグローバルIPアドレスに変換する技術のことです。

プライベートIPアドレスとは、会社や家庭でLANを使ってネットワーク環境を構築している際、そこにはPCが複数あるので、それら個々のPCをルーターが識別するために割り当てられた番号のことです。これがあることで複数のPCが重複せずに、ローカルネットワークが正常に稼働する仕組みとなっています。

通常このプライベートIPアドレスではインターネットに接続できないので、ルーターがこのプライベートIPアドレスをグローバルIPアドレスに変換します。それによってインターネットにつながるという仕組みです。
もっと詳しく見る>>

第14問の解説

答え=3 この作り方の問題点は「変更点の詳細」リンクが背景画像となっている点です。ユーザビリティの観点からも、リンクはテキストであるほうが好ましいです。

第15問の解説

答え=4 ページビューとはサイトのアクセス解析に出てくる用語で、見られたページの数を表します。アクセス解析においてとても重要なポイントです。

第16問の解説

答え=3 Webサイトを作成する際、このワイヤーフレームの制作から始まります。ビジュアル面はまだ後の話で、サイトの目的を踏まえた上で、コンテンツやレイアウトをどうしていくか、大まかな構成をここで考えます。

第17問の解説

答え=4 JavaScriptは元々は1995年にNetScape社が開発したプログラム言語です。当時はブラウザによって動作が変わったり、それぞれのプラウザ独自のJavaScriptがあったりと、互換性がない言語でした。現在はECMA Internationalによって標準化されています(ECMAScript/エクマスクリプト)。
もっと詳しく見る>>

第18問の解説

答え=4 パスワードを設定する際は、可能な限り英数字を混在させて意味不明にし、他人に予測されないようにしましょう。

第19問の解説

答え=2 色階調とは明るさや濃淡の段階数のことです。この階調(段階数)が多いと表現がなめらかとなって、結果画質が良くなります。2階調、16階調、256階調というように数で表現します。

第20問の解説

答え=4 ユニバーサルデザインとは、老若男女、障害、能力の如何を問わずに利用することができる施設・製品・情報の設計のことを言います。できるだけ多くの人が利用可能であるようにというのがこのデザインの考え方です。

第21問の解説

答え=4 フォームでラジオボタンを設置する際のソースの書き方は、<label for = 〇〇>と書きます。ここは丸暗記で大丈夫です。

第22問の解説

答え=1 黄色を表す際は、赤と緑の掛け合わせで表現できます。ともにマックスのFF(255)で黄色となります。

第23問の解説

答え=1 MIMEタイプとはドキュメントの種類を伝える機能です。CSSの種類はテキストなので、text/cssとなります。

第24問の解説

答え=1 Nginxと書いてエンジンエックスと言います。フリーでオープンソースのWebサーバーです。他の選択肢のOpera、Chrome、Firefoxはすべてブラウザです。

第25問の解説

答え=3 small要素は以前は文字を小さくするためのものでしたが、HTML5からは免責、警告、著作権などの注釈や細目を表すと変更されました。他にも意味が変わったものがありますので、合わせて憶えておきましょう。
もっと詳しく見る>>

目次へ戻る